AGAを発症する原因と対策

AGAを発症する原因は?

AGAを発症する原因は?
薄毛で悩む男性にとって、何が原因でAGAを発症するのか疑問を感じると思います。

基本的には生まれた時からAGAを発症するのかどうか決まっており、生活習慣の乱れは特に関係ありません。

体質的にハゲにくい人は食生活が乱れていても睡眠不足の状態が続いていても、フサフサの状態を維持できるのです。

そこで、何が深く関わっているのか簡単に見ていきましょう。

  • 男性ホルモンが変異した悪玉のDHT(ジヒドロテストステロン)の量が多い
  • テストステロンをDHTに変える還元酵素の5αリダクターゼが多い
  • 男性ホルモンを受け取る受容体のアンドロゲンレセプターの感受性が高い

こういった原因でAGAを発症し、脱毛スイッチが入ることで髪の毛への栄養供給がストップし、ヘアサイクルが乱れて抜け毛が増えるメカニズムとなっています。

  • 以前よりも抜け毛の本数が増えた
  • 髪の毛1本1本が細くなった
  • 地肌が透けて見えるようになった
  • 頭頂部やつむじがスカスカになっている
  • 前頭部のM字ハゲで悩むようになった

上記のように薄毛の症状は男性によって個人差がありますが、AGA自体が完治することはなく年齢を重ねることで少しずつ進行していく点では一緒です。

AGAを発症しない人の特徴とは?

逆にどのような男性がAGAを発症しにくいのか、幾つかの特徴を挙げてみました。

  • 悪玉のDHT(ジヒドロテストステロン)の量が少ない
  • 体内のホルモンバランスが安定している
  • アンドロゲンレセプターの感受性が低い

ヘアサイクルを乱す最大の原因がDHT(ジヒドロテストステロン)で、この悪玉の男性ホルモンの量が少なければ髪の毛への影響が少なく、抜け毛や薄毛の症状で悩まされにくいのです。

AGAにおすすめの対策は?

AGA対策

一度AGAを発症すると、「もう若い頃の髪の毛やヘアスタイルに戻るのは不可能なのではないか?」と不安を抱える男性は少なくありません。

しかし、現在では薄毛治療に関する様々な研究が進められ、AGAの対策に効果的な医薬品も次々と登場しています。

以下ではAGAによる薄毛で悩んでいる男性のために、おすすめの対策を幾つか挙げているので実践してみましょう。

  • 発毛を促したり頭皮環境を整えたりする育毛剤を頭皮の上から塗布する
  • 酵素を阻害してDHTの産生量を減らす内服薬のプロペシアを服用する
  • 成長因子や育毛成分を注射器を用いて体内へと注入して発毛効果を得る
  • 睡眠時間を確保したりバランス良く食事をしたりと生活習慣を整える
  • 毎日の食生活で不足しやすい栄養素をサプリメントで摂取する
  • 入浴中に頭皮マッサージを行って血行不良を改善し、毛母細胞へと栄養素を行き渡りやすくする

上記ではAGAの直接的な原因と生活習慣には関係性がないと説明しました。

確かに、男性ホルモンが深く関わっているのは紛れもない事実ですし、しっかりとAGAを治療したいのであればプロペシアやミノキシジルなどの医薬品を病院やクリニックで処方してもらわなければなりません。

⇒⇒⇒ 【東京版】AGA治療におすすめの病院20選

それでも、既にAGAを発症している男性の生活習慣が乱れていると、抜け毛が増えたり薄毛の症状が進行したりといった弊害があります。

少しでも進行をストップさせて今の髪の毛を維持する対策も大事なので、寝不足や運動不足、偏った食事を改善することから始めるべきです。

  • 街中にある皮膚科を受診して医薬品を処方してもらう(プロペシアが中心)
  • 東京や大阪を中心に展開しているAGA専門のクリニックで治療を受ける
  • 育毛剤やサプリメントを使って自宅で症状を緩和する

AGAの対策は上記の3つの方法に大きく分けられ、「○○だけ行っていれば良い」という単純な話ではありません。

多角的なアプローチを行わなければならず、時間がかかっても今の自分に合った方法で対処して薄毛を克服してみてください。