未分類

女性のFAGAの原因

女性のFAGAの原因は?

女性のFAGAの原因は?
女性が引き起こす薄毛は男性のAGAと区別し、FAGA(女性男性型脱毛症)と言われています。

「抜け毛や薄毛の症状は中高年以上の男性が引き起こすのではないか?」とイメージしている方は少なくありません。

しかし、薄毛で悩む女性は現在では増えており、10人の1人が何かしらの髪の毛の悩みを抱えているというデータがあります。

以下ではFAGAの原因をまとめてみたので一度チェックしておきましょう。

髪の毛を育てる女性ホルモンが減少する

女性の身体には以下の2種類の女性ホルモンが流れています。

  • 生理周期を安定させたり胸のラインを形成したりといった働きを持つエストロゲン
  • 基礎体温を上昇させて妊娠を維持したり乳腺を形成したりするプロゲステロン

エストロゲンには毛髪の生え変わりのサイクルを長くする作用もあり、美容を考える上で欠かせない存在です。

しかし、加齢やストレスなど様々な原因でエストロゲンが減少し、ホルモンバランスが崩れることでFAGAを発症して薄毛が進行していきます。

一般的には女性ホルモンが減少する更年期の女性に多いものの、20代や30代の若者でもFAGAを発症するケースはあるので注意しましょう。

食事制限による無理なダイエットを続けている

食事制限による無理なダイエットもFAGAの原因の一つです。

女性であれば少しでも体重を減らして理想的な体型をキープしたいと考えるのは普通でも、やり過ぎると髪の毛に悪影響が加わります。

  • タンパク質やビタミンなど髪の毛の成長に必要な栄養素が減少する
  • 毛髪は命の維持に関わりのない部位なので栄養供給が損なわれやすい
  • 毛根の栄養不足によって髪の毛が太く長く成長できなくなる

このようなメカニズムで抜け毛や薄毛が進行しやすく、結果的に美容を損ねる原因となるので炭水化物抜きダイエットや断食といった方法はなるべく避けてください。

髪の毛や頭皮にダメージを与えている

日常生活の中で知らず知らずのうちに髪の毛や頭皮にダメージを与えていることは多々あります。

  • 必要以上にシャンプーによる洗髪をして肌の健康を保つ皮脂が不足している
  • ポニーテールなど髪の毛の一定部分に負担が加わるヘアスタイルが好き
  • カラーリングやパーマのやり過ぎ(薬剤による頭皮への負担)

これらも全て女性の薄毛の原因に繋がりやすく、想像以上にデリケートなので労わってあげなければなりません。

FAGAを発症して頭皮全体のボリュームが低下する現象は決して珍しくないので、美しい髪の毛を維持するためにもヘアケアや頭皮ケアを念入りに行ってください。

喫煙と飲酒が原因で悪化するAGA

喫煙が原因でAGAの症状は悪化するの?

喫煙が原因でAGAの症状は悪化するの?
タバコにはニコチンやタールなど身体に悪影響を及ぼす化学物質が大量に含まれており、健康に良くないというのは有名な話です。

実は喫煙が原因でAGAの症状の悪化に繋がるとも考えられていて、髪の毛とどのような関係があるのか見ていきましょう。

  • ニコチンが自律神経を刺激して血管を収縮させ、血液がスムーズに流れなくなって毛根の栄養不足に繋がる
  • 煙の中に含まれている一酸化炭素が強力にヘモグロビンと結合して酸素が運ばれにくくなる
  • AGAの直接的な原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)が非喫煙者よりも13%も増える
  • ニコチンが栄養の吸収を促すビタミンCや血行を正常に維持するビタミンEを破壊する
  • 肝臓の代謝機能が悪化し、老廃物や毒素を解毒できなくなって摂取した栄養素を効率良く使えなくなる

何気なく普段の生活で吸っているタバコには大きな悪影響があり、知らず知らずのうちに髪の毛が生えにくくなる環境が出来上がっています。

もちろん、DHTの量がAGAの原因と深く関わっているため、遺伝的にハゲにくい男性であればチェーンスモーカーでもヘビースモーカーでも薄毛にはなりません。

しかし、血行不良や肝臓機能の低下など良くない影響が身体には引き起こされやすく、既にAGAを発症している男性は注意が必要です。

飲酒が原因でAGAの症状は悪化するの?

一昔前からお酒は百薬の長と言われていて、ストレスを緩和してコミュニケーションを円滑にしたり血行を良くしたりと様々な働きがあります。

友人や恋人と過ごす中でお酒は必須なのですが、あまりにも過度の飲酒を続けているとAGAの症状の悪化に繋がるので注意しなければなりません。

  • アルコールが体内で分解されるとアセトアルデヒドが生成され、眠りを浅くしてホルモンバランスを乱す
  • アセトアルデヒドは脱毛の最大の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を増やす働きがある
  • 体内のお酒を分解する作業を内臓が行う際に、髪の毛の成長に必要なアミノ酸やビタミンが消費される
  • 毛母細胞の活性化に欠かせないミネラルの亜鉛が不足して頭皮の新陳代謝が鈍くなりやすい

飲酒にはこういった悪影響があり、抜け毛や薄毛の症状を加速させないためにも飲みすぎには注意すべきです。

仕事やプライベートでの付き合いで仕方なく飲まなければならない状況はあります。

しかし、お酒やアルコールの過剰摂取はAGAの症状を進行させる要因なので、毎日の生活で程々に摂取したり休肝日を作ったりしてください。

ストレスが原因でAGAは進行する?

ストレスが原因でAGAの症状は進行するので注意!

ストレスが原因でAGAの症状は進行するので注意!
AGAを発症する最大の原因は悪玉男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)で、増えすぎると一気に毛髪の寿命が縮んで数ヵ月から1年間程度で成長が止まります。

私たちの髪の毛は「成長期」⇒「退行期」⇒「休止期」というサイクルを繰り返しており、直ぐに休止期に至ってしまうからこそAGAを発症すると抜け毛が増えたり薄毛が進行したりするのです。

つまり、日常生活の中でどれだけストレスを抱えていても特に関係性はありません。

しかし、既にAGAを発症している男性がストレス過多な生活を送っていると症状が進行しやすく、髪の毛とどのように関係しているのか見ていきましょう。

血行不良に陥りやすくなる

ストレスを感じると発汗や体温調節を行っている自律神経に悪影響が加わり、緊張して血行不良に陥りやすくなります。

  1. ストレスが原因で血液の流れが悪くなって血行不良に陥る
  2. 毛髪を作り出すための栄養素が毛根へと運ばれにくくなる
  3. 栄養供給が滞れば太く長く成長できなくなる
  4. 細く弱い髪の毛ばかりになって抜け毛の本数が増える

このようなメカニズムとなっており、AGAの原因とまでは言えなくても更に進行が進みやすいので注意しなければなりません。

AGAの治療としてミノキシジルを含む育毛剤が良いと言われているのは、血管拡張作用を持っているからです。

タンパク質やアミノ酸、ビタミンなどの栄養素が毛根へと運ばれることで髪の毛は成長しているため、ストレスで血行不良に陥れば良くない影響が引き起こされると何となく想像できるでしょう。

内臓機能が低下する

ストレスは万病の元と言われており、胃腸や肝臓などの内臓機能が低下して体内で上手く処理されるはずの老廃物や毒素が溜まっていきます。

  • 老廃物や毒素が多くなればタンパク質の吸収が阻害される
  • 髪の毛の主成分であるケラチンの合成が上手くいかなくなる
  • 髪の毛の成長が滞ってしまう

上記のメカニズムで髪の毛が弱く痩せ細りやすく、AGAによる抜け毛や薄毛が進行しやすいのです。

内臓機能は健康以外にも、髪の毛や頭皮と大きく関係していると心得ておかなければなりません。

円形脱毛症を発症しやすくなる

AGAとは直接的な関係性はないものの、過度のストレスが引き金となって自己免疫疾患の円形脱毛症を発症しやすくなります。

頭皮の一部分や複数の箇所に500円玉サイズの脱毛斑が形成される病気で、Tリンパ球が毛母細胞を異物として認識して攻撃することで抜け毛に繋がるのです。

ストレスによる血行不良も円形脱毛症と大きく関係しており、毎日の生活でイライラしている方は注意しましょう。

遺伝が原因で発症するAGA

AGAは遺伝が原因で発症するの?

AGAは遺伝が原因で発症するの?
男性型脱毛症のAGAは、遺伝が原因で発症すると考えられています。

産まれた時から将来的にAGAを発症するのかどうか決まっており、ハゲない人はどんな生活習慣を送っていても薄毛にはならずにフサフサの状態を維持できるのです。

例えはあまり良くないものの、ホームレスの人をイメージしてみましょう。

彼らはお世辞にもバランスの良い食生活を送っているわけではありませんが、全ての人が薄毛で悩まされているわけではありません。

遺伝的に最初からハゲないことが運命づけられていると仮定でき、生活習慣の乱れが引き金となるケースは少ないのです。

そもそも、どのような仕組みで親から子供へと遺伝するのかメカニズムをまとめてみました。

  1. 母親の卵子にはX染色体、父親の精子にはXとYの両方の染色体が含まれている
  2. 男の子は父親のY染色体と母親のX染色体から情報を受け継いでペアを作る
  3. 女の子は父親のX染色体と母親のX染色体から情報を受け継いでペアを作る
  4. 人間には47本の染色体が存在しているので同じ両親から産まれても兄弟や双子で遺伝に個人差がある

では、なぜ遺伝がAGAの原因だと言われているのか見ていきましょう。

  • 薄毛遺伝子がX染色体の中に含まれていて、主に母親から影響を受けやすい
  • 男性ホルモンの分泌量は個人差が少なくても、5αリダクターゼには差がある
  • 5αリダクターゼが多ければ多いほどAGAの直接的な原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の産生量が増える
  • アンドロゲン受容体が敏感な遺伝子を持っていると毛乳頭細胞でヘアサイクルを乱すDHTがしっかりと働いてしまう

全ての薄毛の原因が遺伝だとは言い切れず、自己免疫疾患による円形脱毛症や過剰に分泌された皮脂が原因の脂漏性脱毛症で悩む人はいます。

しかし、AGAに関しては遺伝による影響が強いのは間違いなく、思春期を過ぎてから徐々に髪の毛が薄くなっている男性はハゲやすい体質を受け継いでしまったと覚悟しておいた方が良いでしょう。

遺伝が原因のAGAでも対処のしようはある

遺伝が原因でハゲていると聞くと、「もう自分にはどうしようもない」と絶望感を感じる男性は少なくありません。

やり切れない気持ちになってしまうのは分かりますが、遺伝が原因でも対処のしようは十分にあります。

現在ではAGA治療として医学的に効果を持ったプロペシアやミノキシジルなどの医薬品が数多く登場しました。

それに、AGAを完治するのは不可能だとしても、薄毛の症状の進行を日々の生活で食い止めることはできるので、諦めずに病院やクリニックへと受診してみてください。

DHTが原因で発症するAGA

DHTとは?

DHTとは?
DHTとはジヒドロテストステロンのことを指し、男性ホルモンの一種です。

  • 雄性ホルモンとも呼ばれているアンドロゲン
  • 20代で分泌量がピークを迎えるテストステロン
  • うつ病や免疫不全症に効果があるデヒドロエピアンドロステロン
  • 副腎や性腺から生成されるアンドロステンジオン
  • 視床下部や下垂体で生成される性腺刺激ホルモン放出ホルモン

男性の身体の中にはこれらのホルモンが流れており、DHT(ジヒドロテストステロン)もその一つとなっています。

DHTが原因でAGAは発症するの?

男性型脱毛症のAGAは、DHTが原因で発症することが分かっています。

そもそも、どのようなメカニズムで男性の体内でDHTが生成されるのかまとめてみました。

  • 男性の身体には男性ホルモンのテストステロンが流れている
  • ドーパミンを産生したり血管の状態を正常に保ったりと生きていくために必須
  • 毛乳頭には5αリダクターゼと呼ばれる因子が存在している
  • テストステロンに5αリダクターゼが作用するとDHT(ジヒドロテストステロン)に変化する

このような流れで出来上がり、毛母細胞へと良くない影響を与えて抜け毛や薄毛の症状が進行していくのです。

生活していく中で常に作り続けられる男性ホルモンですし、一度AGAを発症するとなくならないのでスピードはゆっくりと放置すれば薄毛は酷くなるので注意しなければなりません。

赤ちゃんにとっては重要なホルモンで、母親の胎内にいる時に男性器の発達を促してくれます。

しかし、大人になってから発生すると強力な脱毛作用を持っているのでヘアサイクルが短縮し、健康だった髪の毛が抜けて生えている毛髪も弱々しくなるのでAGAの元凶だと考えられているのです。

AGAの対策はDHTを減らすことが大事

AGAの直接的な原因はDHTなので、薄毛を対策するに当たってこのホルモンを減らさなければなりません。

  • 毛乳頭に存在する因子の5αリダクターゼを抑制する成分が含まれた育毛剤を使う
  • 亜鉛やイソフラボンといった栄養素を含む食べ物を積極的に食べる
  • 有酸素運動を日常生活に取り入れて汗と一緒に排出させる
  • 5αリダクターゼを阻害するフィナステリドを含む内服薬のプロペシアを服用する

これらの方法で抑制でき、医薬品だけではなく生活習慣の見直しも同時に行うのがポイントです。

男性ホルモン自体は私たちのやる気や活動力の元となっているので、減らせば良いという単純な話ではありません。

それでも、DHTが作られればAGAを発症して髪の毛に良くない影響が引き起こされ、見た目のイメージが悪くなっていくので上記の対策を根気良く行ってみてください。