女性のFAGAの原因

女性のFAGAの原因は?

女性のFAGAの原因は?
女性が引き起こす薄毛は男性のAGAと区別し、FAGA(女性男性型脱毛症)と言われています。

「抜け毛や薄毛の症状は中高年以上の男性が引き起こすのではないか?」とイメージしている方は少なくありません。

しかし、薄毛で悩む女性は現在では増えており、10人の1人が何かしらの髪の毛の悩みを抱えているというデータがあります。

以下ではFAGAの原因をまとめてみたので一度チェックしておきましょう。

髪の毛を育てる女性ホルモンが減少する

女性の身体には以下の2種類の女性ホルモンが流れています。

  • 生理周期を安定させたり胸のラインを形成したりといった働きを持つエストロゲン
  • 基礎体温を上昇させて妊娠を維持したり乳腺を形成したりするプロゲステロン

エストロゲンには毛髪の生え変わりのサイクルを長くする作用もあり、美容を考える上で欠かせない存在です。

しかし、加齢やストレスなど様々な原因でエストロゲンが減少し、ホルモンバランスが崩れることでFAGAを発症して薄毛が進行していきます。

一般的には女性ホルモンが減少する更年期の女性に多いものの、20代や30代の若者でもFAGAを発症するケースはあるので注意しましょう。

食事制限による無理なダイエットを続けている

食事制限による無理なダイエットもFAGAの原因の一つです。

女性であれば少しでも体重を減らして理想的な体型をキープしたいと考えるのは普通でも、やり過ぎると髪の毛に悪影響が加わります。

  • タンパク質やビタミンなど髪の毛の成長に必要な栄養素が減少する
  • 毛髪は命の維持に関わりのない部位なので栄養供給が損なわれやすい
  • 毛根の栄養不足によって髪の毛が太く長く成長できなくなる

このようなメカニズムで抜け毛や薄毛が進行しやすく、結果的に美容を損ねる原因となるので炭水化物抜きダイエットや断食といった方法はなるべく避けてください。

髪の毛や頭皮にダメージを与えている

日常生活の中で知らず知らずのうちに髪の毛や頭皮にダメージを与えていることは多々あります。

  • 必要以上にシャンプーによる洗髪をして肌の健康を保つ皮脂が不足している
  • ポニーテールなど髪の毛の一定部分に負担が加わるヘアスタイルが好き
  • カラーリングやパーマのやり過ぎ(薬剤による頭皮への負担)

これらも全て女性の薄毛の原因に繋がりやすく、想像以上にデリケートなので労わってあげなければなりません。

FAGAを発症して頭皮全体のボリュームが低下する現象は決して珍しくないので、美しい髪の毛を維持するためにもヘアケアや頭皮ケアを念入りに行ってください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*