喫煙と飲酒が原因で悪化するAGA

喫煙が原因でAGAの症状は悪化するの?

喫煙が原因でAGAの症状は悪化するの?
タバコにはニコチンやタールなど身体に悪影響を及ぼす化学物質が大量に含まれており、健康に良くないというのは有名な話です。

実は喫煙が原因でAGAの症状の悪化に繋がるとも考えられていて、髪の毛とどのような関係があるのか見ていきましょう。

  • ニコチンが自律神経を刺激して血管を収縮させ、血液がスムーズに流れなくなって毛根の栄養不足に繋がる
  • 煙の中に含まれている一酸化炭素が強力にヘモグロビンと結合して酸素が運ばれにくくなる
  • AGAの直接的な原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)が非喫煙者よりも13%も増える
  • ニコチンが栄養の吸収を促すビタミンCや血行を正常に維持するビタミンEを破壊する
  • 肝臓の代謝機能が悪化し、老廃物や毒素を解毒できなくなって摂取した栄養素を効率良く使えなくなる

何気なく普段の生活で吸っているタバコには大きな悪影響があり、知らず知らずのうちに髪の毛が生えにくくなる環境が出来上がっています。

もちろん、DHTの量がAGAの原因と深く関わっているため、遺伝的にハゲにくい男性であればチェーンスモーカーでもヘビースモーカーでも薄毛にはなりません。

しかし、血行不良や肝臓機能の低下など良くない影響が身体には引き起こされやすく、既にAGAを発症している男性は注意が必要です。

飲酒が原因でAGAの症状は悪化するの?

一昔前からお酒は百薬の長と言われていて、ストレスを緩和してコミュニケーションを円滑にしたり血行を良くしたりと様々な働きがあります。

友人や恋人と過ごす中でお酒は必須なのですが、あまりにも過度の飲酒を続けているとAGAの症状の悪化に繋がるので注意しなければなりません。

  • アルコールが体内で分解されるとアセトアルデヒドが生成され、眠りを浅くしてホルモンバランスを乱す
  • アセトアルデヒドは脱毛の最大の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を増やす働きがある
  • 体内のお酒を分解する作業を内臓が行う際に、髪の毛の成長に必要なアミノ酸やビタミンが消費される
  • 毛母細胞の活性化に欠かせないミネラルの亜鉛が不足して頭皮の新陳代謝が鈍くなりやすい

飲酒にはこういった悪影響があり、抜け毛や薄毛の症状を加速させないためにも飲みすぎには注意すべきです。

仕事やプライベートでの付き合いで仕方なく飲まなければならない状況はあります。

しかし、お酒やアルコールの過剰摂取はAGAの症状を進行させる要因なので、毎日の生活で程々に摂取したり休肝日を作ったりしてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*